<ol id="fuf6g"></ol>
    <ol id="fuf6g"></ol>
      <kbd id="fuf6g"><xmp id="fuf6g">
          <ol id="fuf6g"><listing id="fuf6g"></listing></ol>
          <ol id="fuf6g"></ol>
          <ol id="fuf6g"></ol>
          <ol id="fuf6g"></ol>

              トップコミットメント

              CEOからのメッセージ

              代表取締役會長 兼 社長三木谷 浩史

              Hiroshi Mikitani

              人と社會をエンパワーメントする企業を目指して

              楽天グループは1997年の創業以來、「Empowerment(エンパワーメント)」という言葉を、その事業の基本となる価値観として掲げてまいりました。 そもそも、インターネットは、単にパソコンを使って便利に情報を入手するという以上の変革を、社會に対してもたらしました。それは、インターネットに接続していれば、世界中のどこにいても、全ての人に対して情報を同時に発信でき、また、同時に入手できるということです。私たちは、このインターネットの特性は、単なる利便性の向上ということだけではなく、社會構造自體を大きく変革するものであると考えています。

              インターネットの本質

              では、インターネットの本質的な価値とは何なのか。それを一言で表すのであれば、「公平?フェア」になると考えています。インターネットを使えば、情報?知識の格差は格段に縮小することが出來ます。これにより、消費者にとっては、多様な選択肢の中から最も自分のニーズに合ったモノやサービスを、簡単に入手することが出來るようになります。一方、事業者にとっては、少ないコストで、日本中、世界中にその商圏を一気に拡大し、これまで考えられなかったようなビジネスチャンスを摑むことができるようになるのです。

              楽天が実踐する「Empowerment」

              楽天グループは、このように、インターネットによって全ての消費者や事業者に対して公平に提供されたチャンスを、少しでも手軽に、便利にご利用いただくためのお手伝いをさせていただくことが出來ればと考えております。その思いを表現しているのが、「Empowerment」という言葉なのです。 創業以來、楽天グループの事業は、多くの消費者の皆様や、事業者の皆様を始めとするステークホルダーの方々のご支援のおかげで、順調に拡大することができました。私どもは、これからもインターネットを通じて社會をEmpowermentすることで、社會を変革し、豊かにしていきたいと考えております。

              CWOからのメッセージ

              常務執行役員
              CWO (Chief Well-Being Officer)?
              小林 正忠

              Masatada Kobayashi

              創業からの思い

              楽天の創業時(1997年)、三木谷や私を含む創業メンバーは、「日本を元気にしたい」という思いのもと、インターネットショッピングプラットフォームを通じて地方の事業者の商圏を拡大していくことを目指しました。地方が元気になれば、もっと日本は元気になるだろう、というのが我々の仮説でした。そして、21世紀の経済をリードして行くのは、20世紀に日本の経済成長を支えてきた大企業ではなく、我々のようなベンチャー企業が社會を変えていく、というビジョンでした。その我々のビジョンに共鳴、共感した人間が集まり、さらに様々なパートナーの皆様に賛同を頂くことで事業を成長させてきました。今では、楽天市場や楽天トラベルをはじめ通信、デジタルコンテンツ、エネルギー、プロスポーツ、そしてフィンテック等、多岐にわたる分野で事業を展開しています。
              この20年間は、まさにイノベーションの連続でした。創業時の経営理念には、従前から存在していた通販という仕組みと、當時としてはイノベーティブなインターネットというテクノロジーを結合させ、人々を笑顔にしていく、社會を豊かにしていくという思いを込めていました。2017年に「イノベーションを通じて」という一言を経営理念としても明文化しましたが、私たちが目指すものは創業以來変わっていないと思っています。
              現在インターネットは、ビジネスや生活のあらゆる場面で當たり前のインフラとなりつつあります。その中で、今までにない、社會を変える新たなイノベーションにチャレンジしていく、という思いは、社員それぞれが共有しています。

              グローバルでの理念共有

              私はアメリカ本社やアジア本社でCEOも経験しました。人々を幸せにしていこう、社會をより良くしていこうという理念にはどの國でも共感と理解が得られました。創業メンバーの6人が、我々が日本を元気にしていこうという思いで走り続け、その思いは世界中で社員が2萬人に増えた今もなお変わっていません。日本だけではなく世界においても、人が元気になる、笑顔になるということに、サポーターはいても反対する人はいません。
              楽天では現在、70を超える國籍の多様なバックグラウンドを持つ社員が働いています。育児?介護中の社員やLGBT當事者、障がい者、全ての人にとって働きやすく、最大限に能力を発揮できる職場環境と制度づくりに取り組んでいます。また、社內公用語を英語とし、歐米をはじめSDGsやサステナビリティで先進的な取り組みをしている國でもグループ企業が増えています。
              多様なバックグラウンドや文化をお互いに尊重し、認め合った上で、いかに幸せを作りだしていけるのか、社員全員で考えることが重要です。そうしてダイバーシティあふれる環境を推進していくことが新たなイノベーションにつながり、長期的に會社の競爭力を高めることになると信じています。

              サステナブルな社會を目指して

              そもそも楽天の社員は、「世の中を元気にしたい」との思いを抱いて入社した人がほとんどです。その思いと力を実際の形にしていくのが、CWOである私の役目でもあります。今後は會社としての活動にとどまらず、社員それぞれのボランティア活動などを後押しする環境を整えて行きます。
              楽天には、企業としても社員としても大きなポテンシャルがあり、我々のサービスを通じて、社會課題を解決できる可能性があると信じています。これからも、常に失敗を恐れることなく、新しい物事に取り組んでいきたい、というのが私をはじめ、楽天の全社員の思いです。今後もサステナブルな社會を目指して、さらに新しい取り組みをしていきます。

              闪聊兼职app公交车上啊好深高潮了|男女搞基视频免费电影院网站